佐賀県の太陽光発電システムは実績と信頼のアグリへ。
アグリ|agri
お問い合せはお気軽にどうぞTEL0952-33-8307
株式会社アグリ|HOMEサイトマップ佐賀県エリア お問い合わせはこちら佐賀エリアの太陽光発電なら株式会社アグリへ
HOME>太陽電池のしくみ

太陽光発電について
余剰電力買取制度について
太陽電池について
佐賀 太陽光発電・メニュー区切り
太陽光発電のメリット
年間発電量の計算
佐賀 太陽光発電・メニュー区切り
製品の紹介
佐賀 太陽光発電・メニュー区切り
取り付け例
工事の実勢
工事の流れ
サポート体制
佐賀 太陽光発電・メニュー区切り
お問い合わせ
佐賀 太陽光発電・メニュー区切り
太陽電池について

太陽電池のしくみ

佐賀の太陽光発電・項目今、なぜ太陽光発電なのか

太陽光エネルギーから二酸化炭素を発生させることなく電気エネルギーを生み出す太陽電池は、まさに地球との共生を支える「創エネ」デバイスです。太陽光発電が家庭の電気需要を補うことにより、間接的に火力発電所で使用される化石燃料の削減することが可能になります。太陽光発電を普及は、確実に二酸化炭素を削減し、地球温暖化へ貢献できるのです。

無限に降り注ぐ太陽エネルギー 運転時には騒音もCO2も出ない
太陽光発電
住宅等の需要地が発電所に エネルギー輸送のインフラ整備が不要
佐賀の太陽光発電・項目太陽光発電の原理

1. 太陽光が半導体にあたると、「+」と「-」が発生します。

太陽電池は半導体でできています。半導体の原子は、太陽光があたると「+」と「-」に別れる性質があるからです。この「+」と「-」の発生が、電気をつくりだすための第1段階となります。
   

2. 太陽光電池の半導体は、2種類に分けられています。

「+」と「-」がただ発生しただけでは、まだ電気はつくれません。たとえば乾電池のように、「+」と「-」を両極に分ける必要があります。そこで、太陽電池の中の半導体は、あらかじめ「+」が集まる「P型半導体」と、「-」が集まる「N型半導体」の2種類に分けられています。

3. 「+」と「-」が、別々の半導体に集まります。

「+」は「P型半導体」に、「-」は「N型半導体」に集まります。この段階で、「+」と「-」が両極にはっきりと分けられ、電池として機能する準備が整います。「+」と「-」が、それぞれ別々の半導体に集まります。

4. 2つの別れた「+」と「-」の間に電圧が生まれ、半導体が「電池」になります。

乾電池と同じように、「+」と「-」の間には電圧が発生します。そして、「+」の電極となった「P型半導体」、「-」の電極となった「N型半導体」に電線をつなげば、電気を取り出すことができます。
佐賀の太陽光発電・項目太陽電池の種類と特長

太陽電池の分類

太陽電池には多くの種類があるが、シリコン結晶系、シリコン薄膜系、化合物系の3種類が主に使われている。

太陽電池の分類

太陽電池の特徴

材 料 変換効率 信頼性 特 徴 主な用途
単結晶シリコン 豊富な使用実績 宇宙
地上
多結晶シリコン 大量生産に適す 地上
アモルファス 蛍光灯下で比較的よく作動 民生
地上
単結晶化合物
(GaAs系)
重く、割れやすい 宇宙
多結晶化合物
(CdS,CdTe,
CulnGaSe2ほか)
資源量が少ない公害物質を含むものもある 民生
地上
ページのトップへ
Copyright © 2004-2011 Agri Co.Ltd. All Rights Reserved. 株式会社アグリ
佐賀県佐賀市高木瀬町長瀬1225番4 TEL0952-33-8307